サンタクロースは本当にいるのか?


1897年9月21日 、当時8歳のヴァージニア・オハンロン がニューヨーク・サン編集部に

「サンタクロース はいるのですか?」

という内容の手紙を送ったことから始まる。

手紙の概要は、彼女が「サンタクロースはいるのかどうか」について友達と意見を交わした際、

サンタクロースはいないという者がいるので結論が知りたく、

父親のすすめで新聞社、ニューヨーク・サンに手紙を出したというものである。

これに対してニューヨーク・サンの論説委員であったフランシス・チャーチ は

社説(editorial)欄に返事を書くように頼まれ、1日で手紙についての社説を書き上げた。

「Is there a Santa Claus?」という題名で、投書してくれたことに対するお礼とヴァージニア・オハンロンからの

手紙の内容を載せた後に、「VIRGINIA, your little friends are wrong.

(ヴァージニア、あなたの友達は間違っています)」の書き出しで始まり、

特に有名な「Yes, Virginia, there is a Santa Claus.(そうです、ヴァージニア、サンタクロースはいるのです)」

の一節を含む、目に見えるものしか信じない悲しさと、目に見えないものの確かさ、

不変さ、そしてそれを信じることの素晴らしさを説いたものであった。

アメリカで最も有名な社説の一つとなり、社説が掲載されてから100年以上経った今でも

クリスマス の時期になると世界中で愛され、語り継がれている。


ロマンチストですな。

粋ですな。

やはり人々が長年にわたり喜んだり楽しんだりする行為にはかこたるストーリーが存在する。

皆さんにもそれぞれのサンタクロースがいるのでは?

おそらく心の中に存在するのでしょう。

粋なプロセス

忘れたくないいものですな。




K2APARTMENT ONLINE STORE





THANK  YOU  ALL!!

To be continues...

LOVE&PEACE

2011 Never give up the dream.





同じカテゴリー(K2 Style)の記事画像
2nd Anniversary by K2APARTMENT.
【年末年始 営業時間のお知らせ】
12月のBIG EVENT!!
これからプレゼントシーズンですよ!!
HIGHLAND2000のニット小物。
NEWBERRY KNITTINGグローブ
同じカテゴリー(K2 Style)の記事
 2nd Anniversary by K2APARTMENT. (2013-05-30 17:35)
 【年末年始 営業時間のお知らせ】 (2012-12-02 18:22)
 12月のBIG EVENT!! (2012-11-27 17:13)
 これからプレゼントシーズンですよ!! (2012-11-13 15:43)
 HIGHLAND2000のニット小物。 (2012-11-09 17:28)
 NEWBERRY KNITTINGグローブ (2012-11-09 17:21)
Posted by K2APARTMENT. at 14:31│Comments(0)K2 Style
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人